授業準備と運営〜学習者の認知・心理的側面から〜Cognitive and psychological aspects of the class preparation and management

終了いたしました

  • 日 時

    2016年11月11日 (金) (16時45分~18時45分)

  • 開催場所

    北海道大学高等教育推進機構 S講義棟S5講義室(予定)

大学教員は授業実践について学ぶ機会は多いとはいえず,過去に受けた授業や同僚の授業などを参考にしながら試行錯誤を重ね続けている教員も少なくありません。一生懸命準備をして授業に臨んでも学生の反応が悪かったり,居眠りをされてしまうと,教員のモチベーションにも影響を及ぼします。

そこで,学習者が集中できる授業,理解を促す授業を行うための準備や運営をどのようにすればよいのか,という点に焦点を当てた講演会を開催いたします。講師には東北大学の邑本俊亮教授をお招きし,認知心理学,教育心理学の観点からご講演いただきます。

【日時】
平成28年11月11日(金)16時45分から18時45分まで

【場所】
北海道大学 高等教育推進機構 S講義棟S5講義室(予定)

【定員】
50名程度(申し込み先着順)

【対象】
全国の高等教育機関に所属する教職員

【プログラム】
16:30 受付開始
16:45 開会挨拶
16:50 講演「授業準備と運営〜学習者の認知・心理的側面から〜」
18:30 質疑応答
18:45 閉会

※会場では16時15分まで授業が行われる予定のため,受付開始時刻が遅くなっておりますことをご了承ください。

【ポスター】
20161111授業準備と運営ポスター


Cognitive and psychological aspects of the class preparation and management

Date and time
2016/11/11 (Friday) 16:45 – 18:00

Aim
University faculty members do not often have many opportunities to learn about teaching practice and continue to use trial and error method, the experience they received while taking classes in the past or look up to their co-workers as a reference. In spite of hard preparations for the class, some students’ reactions are poor and some tend to doze off, which has an impact on the motivation of teachers.

Therefore, we will hold a speech that will focus on how to make the students more concentrated, and how to manage and prepare a lesson that facilitates students understanding.

The speech will be given by Professor Toshiaki MURAMOTO from Tohoku University who specializes in cognitive psychology.

Place
Institute for the Advancement of Higher Education, Hokkaido University,
S Lecture Building, S5 lecture room

Capacity
About 50 people (application on first come first served basis)

Language
Japanese

Program
16:30 Reception starts
16:45 Opening Remarks
16:50 Invited speech. ”Cognitive and psychological aspects of the class preparation and management”
18:30 Q & A
18:45 Finish

Poster
20161111Poster


当日の様子

IMG_1531

IMG_1546

IMG_1551