講演会「『アクティブ・ラーニング時代』の大人数講義法の基本」 An introduction to “Active-Learning” in the large lecture halls

終了いたしました

  • 日 時

    2017年05月30日 (火) (16時45分~18時45分)

  • 開催場所

    北海道大学情報教育館3階スタジオ型中講義室

アクティブ・ラーニングで双方向性のある授業,受講生同士が議論する授業をといったことが求められています。少人数クラスではグループワークやディスカッションなども比較的取り入れやすいと思いますが,大人数講義でさまざまな工夫をしながら苦労されている方も少なくないと思います。
そこで,愛媛大学の小林直人教授をお招きし,大講義室において学生とコミュニケーションを取る方法,学生の積極的な講義への参加を促す方法や授業効果を高める方法等についてご講演いただきます。
小林先生の講演は,四国地区で実施されているSPODフォーラム(https://www.spod.ehime-u.ac.jp)で毎年とても人気があります。

【日時】
平成29年5月30日(火) 16:45~18:45

【場所】
札幌市北区北17条西8丁目
北海道大学情報教育館3階 スタジオ型中講義室

【対象】
高等教育機関関係者

【定員】
100名(申し込み先着順)

5/22追記:残席はわずかですが,まだ空いております。

【プログラム】
16:15 受付開始
16:45 開会挨拶
16:50 講演「『アクティブ・ラーニング時代』の大人数講義法の基本」
    愛媛大学教育・学生支援機構 小林直人教授
18:45 閉会

【ポスター】
20170530大人数講義法ポスター


An introduction to “Active-Learning” in the large lecture halls.

Active learning requires two-way interactive classes where students discuss with each other, etc. When group work and discussion can be easy to adopt for small classes, many teachers are struggling with various ideas for large lecture classes.
Therefore, we invited Professor Naoto KOBAYASHI from Ehime University to give a lecture on how to communicate with students in the lecture hall, how to urge them to participate actively in the lecture, and how to increase the teaching effectiveness.
Professor Kobayashi’s lecture is very popular at the SPOD Forum(https://www.spod.ehime-u.ac.jp)held every year in the Shikoku area.

【Date】
2017/5/30 (Tuesday) 16:45 – 18:45

【Place】
Hokkaido University Multimedia Education Building, 3rd Floor, Auditorium
(Sapporo, Kita-ku, Kita 17, West 8)

【Target
About 100 people related to higher education institutions
(application on first come first served basis)

【Program】
16:15 Reception starts
16:45 Opening Remarks
16:50 Invited speech. “An introduction to “Active-Learning” in the large lecture halls”
18:45 Finish

【Language】
Japanese

【Notice】
Registration fee is free, but travel costs are not covered.

【Poster】
20170530Poster


当日の様子

037

056

063