セミナー・イベント

講演会「Practical use of IR data, and training researchers in charge of IR」

開催場所 北海道大学情報教育館3階 スタジオ型多目的中講義室
住 所 札幌市北区北17条西8丁目
日 時 2017年08月10日    (14時00分~16時00分)
情報公開日 2017年06月30日

詳細・内容

IR(Institutional Research)機能を重視する大学は増え続けていて,データの取得から活用方法に関する議論のみならず,IRを担当する専門家の育成が課題として取り上げられるようになっています。膨大なデータを有意義な情報へと翻訳し,大学における様々な意思決定場面でどのように活用していくか,重要課題として取り組まれている大学は多いのではないでしょうか。

そこで,先進的なアメリカの事例から学ぶためにニューヨーク市立大学ラガーディアコミュニティカレッジでIRの上級高等教育研究員を務め,近年はアメリカのAssociation for Institutional Researchにおいて委員なども担っているErez Lencher氏をお迎えした講演会を開催いたします。

IRを導入し始めたばかりの大学から専門家の育成に力を入れている大学の方まで,IRに興味関心のある方はどうぞご参加ください。

※本講演会は北海道大学総合IR室との共催になります。

【日時】
平成29年8月10日(木) 14:00~16:00

【場所】
北海道大学情報教育館3階 スタジオ型多目的中講義室
(札幌市北区北17条西8丁目)

【対象】
高等教育機関関係者

【定員】
100名(申し込み先着順)

【プログラム】
13:30 受付開始
14:00 開会挨拶
14:05 講演「北海道大学におけるIRデータ活用の取組」
(北海道大学総合IR室 宮本淳特任准教授)
14:35 講演「Practical use of IR data, and training researchers in charge of IR」
(Prof. Erez Lenchner, Senior Institutional Researcher, LaGuardia Community College, City University of New York)
16:00 閉会

【言語】
日本語から英語,英語から日本語の同時通訳を行います。

【ポスター】
20170810IRポスター


Practical use of IR data, and training researchers in charge of IR

As the number of universities that emphasize the role of IR (Institutional Research) continues to increase, many things are being taken up as subject — not only the discussion on how to utilize the data, but also how to train university experts in charge of IR. Nowadays, there are many universities that are addressing important issues like how to change a huge amount of data into a meaningful information that can be utilized in various decision-making situations at higher education facilities
Therefore, to learn from the case of United States, we will hold a lecture meeting with Prof. Erez LENCHER. He is a member of the Association for Institutional Research in USA and, in recent years, he also serves as a senior higher education IR researcher in LaGuardia Community College, City University of New York.

Organizer
Center for Teaching and Learning, Institute for the Advancement of Higher Education, Hokkaido University

【Date】
2017/8/10 (Thursday) 14:00 – 16:00

【Place】
Hokkaido University Multimedia Education Building, 3rd Floor, Auditorium (Sapporo, Kita-ku, Kita 17, West 8)

【Target】
About 100 people related to higher education institutions (application on first come first served basis)

【Program】
13:30 Reception starts
14:00 Opening Remarks
14:05 Invited speech. “Efforts to utilize IR data at Hokkaido University”
(Hokkaido University IR Office, Associate Prof. Atsushi MIYAMOTO)
14:35 Invited speech. “Practical use of IR data, and training researchers in charge of IR”,(Prof. Erez LENCHNER, Senior Institutional Researcher, LaGuardia Community College, City University of New York)
16:00 Finish

【Language】
Simultaneous interpretation from Japanese to English and English to Japanese will be provided.

【Poster】
20170810IRposter

申し込み

は必須項目です

所 属
Department
職 位
Position
身 分
Occupation
お名前
Name
フリガナ
Kana
メールアドレス
E-mail
確認のためもう一度
Verify E-mail
メルマガの登録
Mail magazine
本行事はどのように知りましたか?
How did you know about this event?
講師への質問事項など
Question to a lecturer

個人情報保護方針

北海道大学高等教育研修センター(以下、当方)は、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、個人情報の保護、管理を徹底します。
  1. 個人情報は、適法かつ公正な方法によって取得し、不正な方法により入手しない。
  2. 個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等を防止するため、不正アクセス対策など適切な情報セキュリティ対策を講じる。
  3. 個人情報保護に関する法令、関連するガイドラインを遵守する。特に、ご本人様からお預かりする個人情報、その他事業を通じて知り得た情報の秘密保持を徹底する。
  4. 個人情報を取引やサービスを提供するために外部に委託する場合は、必要な契約を締結し、遵守の確認をするなど管理を徹底する。
  5. 一人ひとりが個人情報保護の重要性を認識し、個人情報の取扱が適正に行われるように、教育を実施し維持・改善に努める。
個人情報の保護について
本サイトにおいてお問合せを頂く場合、ご本人様のお名前及び電子メールアドレス並びにその他の関連する個人情報のご提供をお願いしております。 ご提供頂いた情報は機密扱いにされ、ご本人様からのお問い合わせに対するご返答、並びにご本人様と当方との関係に役立てるためのみに使用されます。

セミナー・イベント一覧


ホーム > 講演会「Practical use of IR data, and training researchers in charge of IR」