ルーブリック評価作成ワークショップ【入門編】

終了いたしました

  • 日 時

    2020年02月17日 (月) (15時00分~17時00分)

  • 開催場所

    北海道大学 情報教育館3階スタジオ型研修室(札幌市北区北17条西8丁目)

  • 講 師

    山本 堅一(北海道大学高等教育推進機構 特任准教授)

  • 対 象

    教育機関に所属する教職員(大学院生含む)

  • 定 員

    40名

  • 使用言語

    日本語

  • ポスター

    「ルーブリック評価作成ワークショップ」ポスター

レポート採点に膨大な時間をかけていないでしょうか。点数をつけて学生に返却しているでしょうか。プレゼンテーションの採点基準は明確でしょうか。授業評価に対する学生からの問い合わせに根拠を示して明確な回答ができるでしょうか。
評価の観点と基準を定めたルーブリック評価表と呼ばれるものを使うことで,学生自身の自己チェックや素早いフィードバックそしてぶれない評価を行うことができるようになります。プレゼンやレポート,学生同士のグループワークなどの評価にルーブリック評価を使ってみませんか?

本ワークショップは,ルーブリック評価の作成法,活用法などの基本を学び,ルーブリックの作成体験を通じて,ルーブリック評価導入のきっかけを提供します。既に使用されている方は,次年度以降,発展編(ルーブリック評価活用ワークショップ)にご参加ください。

【過去の参加者の声】
・実際に自分で作ってみたことは理解を広げ深めることにつながる結果となりました。たくさん事例をいただいたのも理解を助けることにつながりました。

・ルーブリックを作成してみる機会をもつことで,自分の課題が明確になってきました。

・多くの場面を想定し,様々なものをつくり,利用して改善していこうと思います。具体的にどこから取り組むべきか,検討していこうと思います。