受講生250名のハイブリッド授業の実践例〜大人数講義科目の標準を探る〜

終了いたしました

  • 日 時

    2021年03月05日 (金) (13時30分~15時00分)

  • 開催場所

    Zoomセミナー(URLは申込後にお知らせします)

  • 講 師

    山本 堅一 氏(北海道大学高等教育推進機構特任准教授)

  • 対 象

    教育機関関係者

  • 定 員

    300名

  • 申込受付期間

    令和3年3月4日(木)正午

  • 使用言語

    日本語

  • ポスター

    受講生250名のハイブリッド授業の実践例

※ご好評につき申し込みを締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

今年度後期,北大ではCOVID-19の感染予防対策を取った上で一部授業を対面で実施しました。
全面的な対面授業の再開までは,まだしばらく時間を要することでしょう。
 
そこでこの度,大人数講義科目におけるハイブリッド授業の実践例をご紹介します。
担当教員と受講形態の異なる受講生数名が登壇し,授業,期末試験の実施方法や授業の課題,受講生の感想などをご紹介します。
 
紹介する授業は,受講生がいつでも対面かオンラインでの受講形態を決められるもので,期末試験も含めて全てハイブリッドで実施したものです。
対面かオンラインかではなく,対面でもオンラインでもどちらでも受講できるため,出席率は平均で95%を超えています。
登壇する受講生は,全て対面で受講した学生,全てZoomで受講した学生,そしてどちらでも受講した学生です。
 
受講生の感想などを聞きながら,このようなハイブリッド授業の良い点や課題などについて,参加者と広く議論する機会といたします。